カテゴリーなし

7
Jun

モバイルアプリ開発とは? 優秀なモバイルアプリ開発者への道のり

Webサイトのプログラミングとモバイルアプリの開発は、若い人たちから熱狂的な支持を受けている分野です。特に、携帯電話用のプログラミングやアプリ開発は、今とても注目されています。では、モバイルアプリの開発とは一体何を指すのでしょう?どうすればモバイル開発者になれるのでしょうか?今日はそれについて一緒に考えてみましょう。 まずは理解を深めるために、「モバイル開発者とは何か」についてご説明します。これはIT用語で、モバイル機器上のアプリを開発するプログラマーを指します。つまり、ユーザーがGoogle PlayやApp Storeからダウンロードしたり、購入したりするアプリを作る人のことです。モバイルアプリ開発者の主な仕事は、携帯電話やタブレット上で動作するアプリやソフトウェアを構築、設計、作成することです。 モバイルアプリ開発者の仕事内容 モバイルアプリ開発者が良い仕事をするためには、プロレベルのプログラミングの知識だけでなく、今の時代のユーザーの好みをとらえられる洗練された知識も必要です。モバイルアプリ開発者に最も人気のある言語は、Java、Swift、Objective-Cです。これらの言語は、Android、iOS、Windows Phoneに対応しています。 モバイルアプリ開発者の仕事内容は以下の通りです。 ● モバイル端末上のアプリの作成と開発に関連するプロジェクトの管理 ● デバイスアプリのための技術の受け取りと転送? ● モバイルデバイスの機能のアップグレード、改善、拡張 ● 新しい技術の研究とモバイルデバイスのプログラミングへの応用 ● 経営陣から直接与えられたタスクの遂行 モバイルアプリ開発者への道のり モバイルアプリ開発者になるためには、基本的なことから始める必要があります。徐々にスキルを身につけ、積極的に成長することを考え、新しいことを学んでいかなければなりません。 ITの専門学校に入学する これは、プロになるために必要な知識を得るための最初のステップです。学位は必須ではありませんが、IT系の学校を卒業していると有利になります。大学は、基礎的な知識から専門的な知識までを習得し、訓練・プレゼンする場となります。 専門を選択する 現在、モバイルアプリ開発者は、主にAndroid、Apple、Windows、Symbian、RIM(Blackberry)などのプラットフォームで開発を行っており、学習者はすべてのOSに応用できるプログラミングを学ぶことができます。しかし、特定の専門分野に集中できるようになるためには、専門分野を選びましょう。現在、AndroidとAppleが2大市場となっていますが、これは誰にでも開かれた分野となるでしょう。 オンラインの開発トレーニングコースを利用する これらのOSでは、コーディングに関するビデオチュートリアルを提供しています。例えば、AppleはApple Developer Programを、AndroidはAndroid Developers Training(Android開発トレーニングコース)のWebサイトを提供しており、モバイルアプリ開発者はそこで学び、練習することができます。また、他の情報源を利用したり、無料のクラスを探したりすることもできます。 マーケティング関連のクラスを受講する 関連性がないように見えますが、実際には、マーケティングのクラスは、モバイルアプリ開発者にとって非常に実用的で必要なものです。自分でアプリを開発したいのであれば、自分でプログラミングしたアプリのセルフマーケティングスキルが必要です。 自分のアプリを開発する 有名なIT企業の一員になるためには、まず自分でアプリを開発する必要があります。これは、授業で学んだ知識や技術を応用し、実践するための手段であると考えられます。また、自分でアプリを開発できれば、すべての応募者の中でもひときわ目を引くことができるでしょう。 アプリのアイデアを生み出す アプリのアイデアを生み出すことは、顧客のニーズを満たす新しいサービスを見つけるための第一ステップです。万人受けするモバイルアプリを作るには?どうすれば自分のアプリが評価されるのか?モバイルアプリ開発者には、このような問いかけをすることが求められています。 モバイルアプリの実用性に目を向ける モバイルアプリを開発する際、多くの人が目新しさを重視し、実用性を忘れがちです。日常生活において実用的で、ユーザビリティの高いモバイルアプリを設計しましょう。特に、ユーザーは面倒なことを好まないため、アプリは可能な限りシンプルであるべきです。 以上、読者の皆様には、モバイルアプリ開発について、またプロのモバイルアプリ開発者になるための道のりについて、多少ご理解いただけたのではないかと思います。この記事が、モバイルアプリ開発者の道を歩む皆さんのお役に立つことができれば幸いです。

20
Feb

Webサイト上で画像を最適化する方法

Webサイトに画像をアップロードするのは単純な作業ですが、あまりにも単純過ぎて画像の最適化の重要性を忘れてしまうことがあります。 画像の最適化は、単に画像を美しくするだけでなく、検索エンジンからウェブサイトへのトラフィックを改善することにもつながります。 この記事では、画像を最適化するための最も簡単な5つのコツをご紹介します。   1. 適切なファイルタイプを選ぶ 各画像ファイルには、画像の形式を表す拡張子が付いています。 最も一般的な拡張子は.png、.jpeg、.gifです。 しかし、異なるフォーマットが画像の見え方を定義しているということはあまり知られていないかもしれません。 Webデザイナーは、色、サイズ、情報密度などの要素を考慮して、画像ファイルの種類を決定します。 ですが、画像の最適化に関する知識はプロのWebデザイナーにまかせ、まずはファイルタイプの基礎知識があれば十分です。   2. 画質を決定する 最近のほとんどの画像エディタでは、複数の品質レベルで画像がダウンロードできるようになっています。(さらに多くの選択肢が必要な場合は、Pixlrのような無料のオンラインツールも利用できます) 単純に最高画質の画像を貼り付けるのが良いと考える人もいるかもしれませんが、そうとは限りません。 場合によっては、ページの読み込みを速くするためにファイルサイズを小さくして、画像を中程度の画質で保存することをお勧めします。 例えば、高画質の.jpegファイルは266kbで、平均は78kg、低画質だと53kb程度です。   3. 適切なファイル名で保存する コンピュータの画像フォルダの中を覗いて、「名称未設定」や「イメージ1」、「1111」、「123456」といったナンセンスな名前の画像がどれだけあるか見てみると良いでしょう。 コンピュータ上に保存しておくのには一向に問題ありません。 しかし、これらをWeb上に表示するとなると問題があります。 コンピュータ上で写真の管理を容易にするだけでなく、画像のファイル名は検索エンジンの検索結果において画像を分類するために使用されます。 また検索エンジンはSEOのために画像ファイルの名前を拾い上げるので、画像の名前が適切に付けられているか留意する必要があります。 文字数が多過ぎない、画像名には句読点を使用しないよう注意してください。   4. タイトルとディスクリプションを活用する Webサイトに画像を表示する際は、画像にタイトルをつけ、その画像についての具体的な説明を数行付加することができます。 このテキストは「メタ情報」と呼ばれ、検索エンジンはこのテキストを使ってあなたの画像を特定します。 それだけでなく、あなたのWebページの理解を助け、サイトのSEOランキングにも影響します。 こうした理由から画像のタイトルやディスクリプションは明確にする必要があるのです。 最も効果的なディスクリプションとは次の2つの要素、即ちWebサイトのキーワードと画像を正確に説明するコンテンツ、これら2つのバランスがとれたものです。   5. サイズについて熟考する サイトのスペースを占める画像の大きさについて考えることは、画質と同じくらいに重要です。 画像の高さと幅は、選択したページレイアウトと、利用可能であればモバイルでの表示・使用感に大きく依存します。 画像に適したサイズを選択することで、インターフェースがプロフェッショナルでまとまりのあるものになるだけでなく、Webサイトがより効果的に機能するようになります。

20
Feb

成功したい開発者が学ぶべきこと

最近、学生さんから将来の方向性についてメールで相談を受けることが多いのですが、その大半が「特に優れたプログラマーになるためにはどうしたら良いか」という内容です。 そこで本記事では、そうした質問に私なりの視点からお答えします。 ここで示されるような道を選ぶ必要はなく、ご自身の道を切り開くのが一番ですが、この記事を通じ、あなたにとって正しい道を開拓するための知識や経験をご提供できたら幸いです。   学生は何を学ぶべきでしょうか? 知識は常に必要ですし、役に立つものです。 それはつまり、何を学ぼうといつかどこで役に立つということ。 私にしても、学生時代は自分の学んだ会計や販売、プレゼンテーションに関する知識なんて役に立つことはないだろうと思っていました。 しかし今になって、商品開発の際、こうした知識を使うどころか学習し直しているくらいです。 学習もやり過ぎてしまうと、抜け殻のようになってしまって全く役に立たない時もあります。 深さと広さのバランスは、人それぞれの選択と判断によるので、何とも言えないところです。 優秀なプログラマーになるために習得しなければならない4つの科目を選ぶとしたら、私は以下の科目を選びます(以下、優先順位の高い順に列記):   英語 私の考えでは、英語は一番重要です。 IT業界で学び仕事をする、より具体的にはプログラマーとしてということですが、インターネット上で且つ英語で技術やその背景、知識を定期的に読んで学ぶ必要があります。 やれやれですが、ベトナム語のドキュメントは大抵少し(あるいはものすごく)古過ぎて、日々変化する世界についていけていないのです。 仕事に行けば、お客様や海外のワーキンググループとコミュニケーションをとる機会が多いのは言うまでもありません。 こうしたことから、英語が下手だとあなたの仕事の能力も制限されてしまうわけです。 英語が得意な人は、外資系企業に就職するか、少なくとも外資系のクライアントと仕事をして、20%程度高い収入を得るチャンスがあると言っておきましょう。(ただし、日本の顧客を抱える一部のアウトソーシング会社を除く)   オブジェクト指向プログラミング言語:Java または C ++ プログラマーであれば、勿論プログラムの書き方を知らねばなりません。 ですよね?さて、問題はなぜこれら2言語のうちのいずれかなのか? 後にあなたがプログラマーとしてフロントエンドで働く場合は、JavaやC + +を使用する必要はありません。ウェブ上でプログラミングする場合は、PHPを知っていれば十分です。 そのため、プログラミング言語を選ぶ際には、将来の進路を考慮して選ぶようにしましょう。 一般的かつ通常のレベルでは、私は個人的に学生にC ++かJavaを選択するよう勧めています。なぜなら、これら2つの言語はより高度なプログラミング言語の本質を十分に、且つ適切に表現していると思うからです。 これらの2つのプログラミング言語に精通していると、他の言語も学習しやすく、変換もできるようになります。 加えて、これらの2言語は最も人気で広く応用されている言語のうちの2つにも挙げられます。   データ構造とアルゴリズム ほとんどのプログラマーは、この科目については無視するか、真剣に受け止めていません。 職業訓練所によっては、この科目を全く教えていないところもあります。 それはこの科目が難しいから。 このブログに、アルゴリズムの重要性について書いた記事もありますので本記事では踏み込んで書きません。 ですが、アルゴリズムについてしっかり学び、アルゴリズム的な思考を持つことができれば、いつもより精度の高い、良いソフトウェアを作ることができるのではと個人的には思います。 実際、私の友人たちがGoogle、AWA、Grabといった大企業と面談する際には非常にアルゴリズム的な課題を解決し、プレゼンしなければならないのが実情です。 アルゴリズムの実装の仕方までは思い出せなくても、その存在については意識し、そして開発するソフトウェアにとって必用ならば柔軟にアルゴリズムを活用しましょう。   データベース 学生時代、私はこの科目を見くびっていて、勉強しませんでした。 大きな過ちでした。 ご存知の通り、今日、全てのソフトウェア製品がデータベースを利用しています。 モバイルゲームにしても、販売用ウェブサイトにしても、ユーザー情報を保存しておく必要があります。 特に、大規模なシステムとなると、データベースは必用不可欠で著しく需要なものになってきます。 データベースは、ソフトウェアのユーザーが10人や100人のときには、工程も非常に少なく、学生の指導記録や従業員の勤務時間管理のように単純なもので済みます。 しかし、数百万ユーザーを抱える大規模システムを考えると、毎秒生成されるレコード数は、関係やビジネスも重複して数千万となる。どうやって対処したら良いのでしょう? 私の同僚や私自身も、必用な情報を取り出すためのクエリの書き方を知っています。 ですが、データがあまりにも膨大だと一つのクエリを実行するだけで何十秒もかかってしまい、問題になります。 データベースとクエリステートメントの性質を学び、理解すれば、非常に優秀なプログラマーとして、多くのユーザー向けの製品を構築するうちのひとりとなれるでしょう。 ———————— 「コンピュータネットワーク」、「コンピュータアーキテクチャ」、「オペレーティングシステムの原理」など、価値ある学ぶべき科目はたくさんあります。 これらの科目を飛ばすことはお勧めしませんが、そこはあくまでも枠と時間の許す範囲で。 要するに、個人的には上記の4つの科目が優秀なプログラマーになるために最も必要な科目だと思っています。

Read more

20
Feb

WordPressを最適化してサイトの表示速度を上げる方法

GoogleがWebサイトの読み込み時間に関する指標を新たにリリースしたことで、苦労を強いられている人は少なくないことでしょう。 この指標は特にモバイルデバイス上でかなり重いと考えられているものの、現在80%以上のユーザーがモバイルデバイスを、10%がタブレットを、そして残りがデスクトップまたはノートパソコンを使用しているのが現状です。こうした中で、モバイルデバイスでの最適化は必要不可欠だと言えます。 大規模なウェブサイトでは、長きにわたって最適化への取り組みがなされてきました。なぜなら、こうしたサイトは時代の先端を行き、成長のためにベストなものを提示する必要があったからです。よってこうしたサイトには改良の余地はさほど残されていません。 最適化が必要なのは、通常、新しく作られたWebサイト、または開発からしばらく時間の経ったサイトです。これらのサイトは表示速度が遅くなる傾向があるため、速度を上げてユーザーエクスペリエンスを向上させるには「最適化」が不可欠です。プログラマーが考慮すべき、基本的な最適化要素は以下の通りです。 画像の最適化 css、jsの最適化 プログラム(コード)の最適化 キャッシュとプリローディングの利用 ホスティングまたはVPS(仮想サーバー)の有効利用 ホスティング(VPS)の圧縮の有効化、またはCDNの利用 各要素について詳細に説明していきます。わからない点についてコメントを残していただければお答えしますので、お気軽にご連絡ください。   1) 画像の最適化 ほとんどのWebサイトには最適化されていない画像がありますが、通常はGTmetrixツールを使ってどの画像が最適化されていないかをチェックします。そして指示に従いGTmetrixが画像の最適化を行います。画像のダウンロードとアップロードも可能で、誰にでも簡単に使いこなせるツールです。 GTmetrixで「Serve scaled images」が指摘された場合、これは画像が正しいサイズでなければならないことを意味します。 過大なサイズの画像を使用すると、表示する際にそれを縮小する必要が生じます。 例えば、必要サイズが90 × 90のところ、200 × 200の画像を使用すると、プログラムは画像を表示する前に縮小するために多くの時間をかけることになり、これが不必要なリソースを消費します。 このエラーが発生した場合、画像をダウンロードしてPhotoshopやウェブサイト、プラグイン(WordPressのソースコードのみ)を使用して、画像を縮小しましょう。なお、画像のダウンロード・アップロードにはZillaファイルの使用がオススメです。   2) css、jsの最適化 ほとんどのWebサイトには css や js のファイルがあり、多くの場合、読み込みを高速化するために、css や js の Minify(圧縮・軽量化:空白、改行、ノート、中括弧などの空白文字が削除されるプロセス)が行われます。 cssファイルやjsファイルが多数ある場合、Minify後、Webサイトの読み込みを速くするためにそれらを結合することがよくあります。 なお、cssファイルやjsファイルをMinifyするのに役立つサイトはたくさんあります。 注:インターフェースのクラッシュを招く場合がありますので、Zillaファイルを使ってバックアップは必ず取って置きましょう。   3) プログラム(コード)の最適化 現在、多くの異なるソースコードがありますが、各ソースには異なるテーマが多数が含まれているため、コードの最適化ははるかに困難になります。ウェブサイトを設計する際には、こうしたコードがどのように使用されるかに注意を払う必要があります。 例としてはどういったテーマか、最適化は容易か、頼りになるサポートコミュニティはあるか、定期的なアップデートはあるのか、などが挙げられます。   4) キャッシュとプリローディングの利用 どのようなソースコードを使用するにしても、ほぼすべてのWebがキャッシュを作成します。その目的は、以前サイトを訪れた人が2回目以降訪問する際に、サイトを適切に動作させることです。 訪問者がそのサイトを再訪問した場合、既に生成されたHTMLファイルを再利用するためより速く処理が実行され、サーバーは初回のように処理を行う必要がありません。これはページの読み込みを高速化するとともに、ホスティング(VPS)のリソース節約にも役立ちます。 今回のGoogleによるPageSpeed Insightのアップデートでは、Googleはコード内の 「プリロード」機能を使用しているウェブサイトを優遇しています。 あなたがモバイルデバイスの表示速度で90点以上を目指したいのであれば、以下のキーワードは見過ごしてはなりません。 「Preloading content with rel = “preload”

Read more

30分間の無料相談
を予約する